高さ低めのローダイニングテーブルセット (64cm-66cm)
小柄な女性やお子様に。


今とっても人気があるダイニングテーブル。
通常のダイニングテーブルの高さは約70cm〜74cm前後のサイズが多いです。
高さの差が10cm前後低くなってしまいます。
では、一体どんな方が低めのダイニングテーブルが向いているのか、その理由を考えてみます


「小柄の女性やお子様に向いている」

女性や子どもには、少し大きく感じるというのを、よく耳にします。
単に体の大きさをダイニングテーブルを合わせるということです。
体の大きさをテーブルに合わせることはできないので、食事や生活に合わせてテーブルを選ぶだけで、生活のストレスは半減します。


「足への負担が軽減される」

特におじいちゃんおばあちゃんに該当するのかもしれませんが、テーブルが低いと、椅子に座るとき、立ち上がるときに力を入れやすいのでひざへの負担が減り立ち上がることができます。



「奥のものが取りやすい」

テーブルが低いだけで、食事の際に奥のものが取りやすくなり、家族でお鍋を囲む際にも取りやすくなります。


「お部屋全体が広く感じる」

ダイニングスペースの大半を占めるダイニングテーブル。
そのダイニングテーブルが同じ横幅だったとしても、高さが低いだけで、視野が広がり
ダイニング全体を広く感じることができます。

もちろん、使い勝手は人それぞれですから、メリットだけではありません。
デメリットとしては、「背が高い男性には不向き」「椅子の高さを合わせる必要がある」など検討しなければいけないこともあります。
そんな場合も、ソファダイニングにしてみたり、テーブルとセットで購入したりできますので、子育て世代の方には、低めのダイニングテーブルはとってもおすすめしたい家具です。



デザインには妥協したり、自分で足をDIYして失敗することを恐れたりしているのであれば、
そんな方にぴったりの、高さ64cmの低めのダイニングテーブルセットのご紹介です。

▼リビングダイニングが広々使えるソファダイニングセット / 3点セット(W120テーブル+1Pソファ×2+2Pソファ)
¥95,700



当店で一番人気のソファダイニングセットです。
リビングダイニングをのスペースを広々と使うには、ソファダイニングは本当におすすめです。
リビングでお子さんが広々と遊べるように、ダイニングセットを1つにまとめるのは、スペースの有効活用には最適です。
家族での食事の時間をゆったりカフェにいるような気分でくつろぐことができます。
優しい温もりを感じるデザインで、シンプルなのに存在感があります。
ステキな広々空間で、リビングを飾ってみませんか。


高さ低めのローダイニングセット(64cm) / 4人用ダイニングセット
 ¥107,000



天然木で柔らかい印象のダイニングセットです。
ダイニングをゆったりくつろいでいただきたいと考えられて作られました。
人気の理由は、子どもや女性に合わせた、高さ低めのテーブル。
そして、ソファは日常はリビングに置き、来客時だけダイニングにつけて使用することができるので、スペースの有効活用が簡単にできることです。

ソファとして使用イメージ
  

カラーも、人気のナチュラルと落ち着いたダークブラウンとの2色展開です。



リビング学習ができるダインングセット / W120+2Pソファ+チェア2脚
 ¥89,400



とってもおしゃれなソファダイニングセット。
でも良く見てみてください!
ソファとチェアの椅子の高さが合っていませんよね??

これは、大人の座高に合わせたソファと子どもの高さに合わせたチェアの組み合わせのダイニングセットです。
もともと、子どものリビング学習のために考案されたダイニングセットなのですが、
わざわざ子ども用にハイチェアを用意する必要もなく、お部屋のインテリアも崩さないという
とってもおしゃれで機能的なダイニングセットです。

テーブルの高さは、低めの66cmです。
通常のダイニングテーブルと比較してみると。。。



これだけの高さの違いがあります。
正しい姿勢で学習に取り組みことができますし、食事も食べやすい高さになります。
もちろんお部屋の圧迫感も軽減されます。
テーブル幅は120cm、150cmと2タイプ。

ソファも2人掛けと3人掛けと選ぶことができます。
カラーはネイビーとグレーの2カラーです。
  
  

おしゃれな学習空間が作れてしまいますね。
機能的でおしゃれなダイニングセット、意外とあるようでない商品です。



リビング学習ができるコーナーソファのダイニングセット / W120+チェア1脚+ソファ+アームソファ
¥145,000




リビング学習ができるダイニングセットのコーナーソファバージョンです。
用途や目的は同じですが、特徴はやはり、低めのテーブルで子どもに合わせた椅子です。
こちらの椅子は回転式になります。

アームソファは、右アームと左アームとありますので、お部屋の形に合わせて選べます。

それぞれ、アイテムごとの単品の販売もありますので、お使いのソファやチェアとの組み合わせでご使用いただくのもいいかと思います。
ぜひ、ご参考までに。










 

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ