子どもと川の字で寝る or 一人で寝かせる 結局どっちがよいの?


子どもは、どう寝かせよう?

子育て世代の皆さまは、一度は悩まれた事があると思います。

独立心を育む事を重要視している、アメリカでは、幼児期には既に子どもは別で眠るそうです。映画などでも、良く子ども部屋で一人で眠るシーンが出てきますね。
アメリカでは、赤ちゃんでも一緒に一度も寝た事がない家庭が32%もいるそうです。
驚きですね!
ただ、アメリカ以外の他国では、一緒に寝る文化が大半だそう。
 出典:ベビートピア  これだけ違う!日本とアメリカの子育て法

一方日本では、71%のご家庭が、親子一緒に眠るそうです。
 出典:すまい すまいる 川の字でねるのはOK? それともNG?
 
皆様はどのような寝方をされていますでしょうか?
実は、それぞれで面白い特徴があるそうなので、紹介させて頂きます。

 ■子供中央型:3人とも一緒の部屋で、子供が真ん中に寝る
 ■母親中央型:3人とも一緒の部屋で、母親が真ん中に寝る
 ■父親別室型:母子が一緒の部屋で、父親は別室に寝る
 ■子供別室型:夫婦が一緒の部屋で、子供は一人で別室に寝る

<子ども中央型の特徴>
【家族の特徴】
父親が子育ての関心が高く、遊び相手や世話をいとわず、母親も子育てを楽しみ、子どもを中心に夫婦関係が安定している。

【子どもの情緒】
父親、母親との距離が近い、スキンシップを体験しているため、親に対する信頼感や愛着の心が育ちやすく、情緒も安定。

【子どもの社会性&自立心】
父親との距離が近いため、しつけが作用しにくく、自己中心的

<母親中央型の特徴>
【家族の特徴】
夫を厳父として立て、子を甘やかさず、父子の関係を演出する母親。母子関係、父子関係とも密接だが、親子のけじめあり、夫婦は、お互いを最愛の伴侶と見なしている

【子どもの情緒】
母子の愛着と父子の信頼関係をもとに情緒は安定

【子どもの社会性&自立心】
父子の愛着や信頼は育まれつつ母親とは異なる厳しさを持つ存在として認識する

<父親別室型の特徴>
【家族の特徴】
母は子育て父は仕事と、性別役割分業である。父親は不在がちで、父子関係は質量ともに少ない。母親は子育てを楽しんでいるが、父親の不在を子への密着で埋め合わせがちになる。

【子どもの情緒】
母親の夫に対する不満の影響を受けるせいで、情緒は不安定

【子どもの社会性&自立心】
母子の密着度が高いため、甘えん坊タイプになっていく

<子供別室型の特徴>
【家族の特徴】
欧米流の厳父をめざし、子との距離を大事にする父親
同じく子との距離を保ち、早く子離れしなくてはと考えている母親

親近感が希薄で、精神的なつながりや一体感は生まれにくく、他人の関係に近くなる。夫婦は子供より夫婦優先。お互いを伴侶と見なす夫婦ですが、子育てをめぐっての強力態勢は不十分

【子どもの情緒】
自立心旺盛型・さびしがり屋型・子どもひがみ型、孤独型

【子どもの社会性&自立心】
子どもの自立が早い一方、協調性とか家族との親密度などは育ちにくくなります

なかなか、納得出来る説明もあり面白いですね。
ちなみに我が家は、子ども中央型です。
寝る前に、息子と布団の上で遊んでスキンシップするのが恒例になっていて、
添い寝は良いなと思う肯定派です。


家具屋cocoroでは、家族をつなぐベッドシリーズをオススメしています。

家族をつなぐ 親子ベッド

家具屋cocoro おすすめ 家族をつなぐ 家族ベッド





 

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ