整理収納アドバイザー受講 Vol.1 

私は元々、整理整頓や断捨離が大好きです。
お部屋がきれいに整っていると、気分が良く過ごすことが出来るからです。

結婚し、子どもが生まれてからは、自分の今までのきれいな環境をキープするのがなかなか難しくなってきました。
小さな子どもは、片付けをしてくれるどころか、おもちゃや育児グッズなどものが増えるし、食べこぼしなど、本当に大変なことばかりです。

そんな状況が続き。。。
鈍った感覚と、思い腰をあげるための、何かきっかけが欲しくて、今回講習会に参加しました。

目からウロコな情報というわけではありませんでしたが、
わかっているつもりだったこと、あーなるほど!というような
整理収納を基本からしっかり確認しながら習得するという感じでした。


まず整理収納アドバイザーとは、
NPOであるハウスキーピング協会が運営しています。
元々は、家事代行サービスをしていた企業だそうです。
資格は1〜3級まであります。

1級はオンラインで受講でき、2級は1日のセミナーを受講し、その後の簡単なテストで取得可能です。
資格取得は、テストの結果次第ですがほぼ9割の合格率だとか。
受講後約1ヶ月で資格証が自宅宛に届きます。
1級は、プロのアドバイザーとしてお仕事することができるので、1級や2級と比較するととても難しいようです。ちなみに、資格取得で有名なユーキャンでも在宅で取得できます。
現在の断捨離ブームやミニマム生活などでブームとなり、受講者多数で、受験申し込みするのも大変なようです。

今回私は、まず手始めとして2級の講座を受講しました。

午前中は、基本のお話でした。
整理とは?整頓とは?

整理・・・不要なものを取り除くこと
整頓・・・ものが整った状態


なんだそう。
なるほど、早速分かっているようで、分かっていなかったような。
と、納得しながらも、基本って大切だなと。

整理整頓された状態が続くと、「時間的」「経済的」「精神的」な効果が得られます。

1)時間的効果     探し物をする時間のロスがなくなる
2)経済的効果     同じものなど、無駄なものを買ってしまう無駄遣い
3)精神的効果     すっきりすることで見た目、気持ちの上でストレスが軽減する

という3つのメリットがあります。
さて、何から始めるのがいいのでしょう。

まずは無理をせず、小さなところから。
リビングのペン立てとか、キッチンの調味料ケース、カトラリーの引き出しなどから。

やり方は簡単で、まずは全てのものを取り出して「区別」する。
・使っているもの?使っていないもの?に区別
・使う目的、頻度、時期、などに区別

引き出しなどを開けてみて、綺麗に整頓されていたとしても、
「必要なもの」と「不必要なもの」が混在している状態であれば
まず、全部取り出してみましょう。

それらを区別し、小さなカゴやケースに分けてみてください。
ぐーんと使いやすくなるはずです。

そして、家族だれでもわかるようにモノが収納されていれば、
「ママ〜。はさみどこ〜??」なんて言われて、無駄な時間がなくなり(時間的効果)
なくなったと追加して購入することもなく(経済的効果)、聞かれなくなったことでストレスなくなります(精神的効果)ね。

小さなことからですが、こうやって一つ一つ整理収納をすすめましょう。
きっと、快適な生活ができるようになれますよ!


▼ 実際に鋼材で使用したテキストです。

整理整頓を基本から学べます。講座での内容はすべてこの中から説明いただけますので、講座に出れないママさんや、資格取得は不要だという方、ぜひ読んでみてください。

今回の「整理収納アドバイザー2級」の講座で学んだこと、数回に分け、
私の復習、備忘録として残させていただきます。
ご興味ありましたら、またぜひ読んでみてください。

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ