年代別 生活のススメシリーズ
[リビングー0〜3歳] 赤ちゃんの生活ゾーン"床上30cm"の重要性


赤ちゃんを始めて迎えての生活は、喜びや楽しいことばかりではなく、不安や心配などたくさんありますよね。
寝返りやズリバイを始めた頃の赤ちゃんは、主に床での生活がメインになります。
 

お昼寝、オムツ替え、プレイマットでゴロゴロお遊びなどなど。
まだ腰が座っていない頃は、体のほとんどが床に密接しています。赤ちゃんの肌はデリケートですし、衣類だけではなく、床やマットも清潔にしたり、素材を気にしなければなりません。

先日、読んだウェブの記事なのですが、
カーペットやラグマットは、「ダニが・・・」「アレルギーが・・・」というマイナスなイメージにより、現在は洋室の床材の約99%がフローリングとなっているそうです。
ですが、実際はそんなこともないようで、フローリングなどの固い床材はホコリを舞い上げやすく
一度舞い上がったホコリは約9時間ほどかけて床にゆっくり落ちて行くそうなんです。
日中動き回っている、リビングやダイニングなどは、家族みんなが眠っている間以外は、ずーっとホコリが浮遊していることになります。
室内で犬や猫を飼っていると、もっとすごい状況になっているはずですし、そんな床上30cmのところで、赤ちゃんがハイハイすることを考えると、衝撃ですよね。

私は知らなかったのですが、床上30cmのホコリについては、家電業界では多く対策がとられているようで、
空気清浄機や掃除機のヘッドで吸い込む機能が付いていたりと、話題となっているそうです。

ナノイーX搭載 加湿空気清浄機 (参考:Panasonic)

掃除の仕方やこだわりなど、人それぞれだとは思いますが、床が綺麗だととても気持ちがいいですし、キレイをキープしたいですよね。

もちろんラグマットやカーペットにしたからといっても、清潔でなければ何の意味もありません。
赤ちゃんとの床生活には、洗うことができるラグ、マットをおすすめします。
当店より、赤ちゃんとの生活にぴったりな商品をご紹介させてください。


「フロアソファになるクッションラグ」です。



赤ちゃんが自由にハイハイしたりできるようにと、自由に動けるスペースを確保したかったり、高いものからの落下防止のためにソファを廃棄されるご家庭は少なくありません。
ですが、やっぱり大人もくつろげるスペースは確保したいものです。
こちらの商品は、そんなどっちでも!を叶えてくれます。

こやって簡単にソファから、フロアマットに!!



背もたれが、壁を作ってくれるのもいいですよね。
つかまり立ちの練習にもぴったりです。

カラーバリエーションは4色。
  
ネイビー                             グレー

  
ブラウン                            レッド

サイズも、SサイズとLサイズございます。

  
   Sサイズ                                    Lサイズ
幅200 × 奥行174 × 高さ35cm       幅250 × 奥行174 × 高さ35cm     

 
マットの厚みは10cmあり、床からの冷えを抑え、防音の役割も果たしてくれます。



冬には、そのまま敷きマットとしてご利用いただくことで、
ゆったりと家族団をこたつで楽しむこともできます。

ありそうでなかった、フロアソファ+クッションマットです。





 

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ