場所別 生活のススメシリーズ
[ダイニング・キッチン] 狭いダイニングを活用する 収納アイテム



参考:光彩豊かなカフェ風のリビングダイニング より

キッチンやダイニングは、ママにとってはとっても大切な場所です。
キッチンの持ち主のママにとって、使いやすさの定義は人それぞれです。
私も今のキッチンを使い始めて4年が経過しますが、今のキッチンと自分の動線、子どもの成長に合わせて少しづつ、自分の理想に近づけるように場所を入れ替えてみたり、断捨離したりと四苦八苦しています。

子どもが成長するにつれ、キッチンツールなどが増えていきます。
ミルクの時期には、哺乳瓶やその消毒ツール、搾乳機など。離乳食が始まると離乳食グッズやマグ、ブレンダー、離乳食が終わっても、お弁当グッズなんかがどんどん。
食事の内容も子どもの成長とともに、食べれるものも増えますし、栄養バランスを考えるといろんなものが増えてきちゃいますよね。
しかも細々しているから以外と収納スペースが必要だったりします。

今回は、キッチンやダイニングでの収納アイテムで使って良かったものをまとめたいと思います。
もちろん、キッチンやダイニングの好みのスタイルやスペースにも各々違いがありますので、気になるものがありましたら、ぜひ試してみてください。


■ カトラリー収納
お弁当グッズって小さなものが多いので、かさばりがちですよね。
キッズのカトラリーもエジソン箸やキャラクターがついてたりして案外スペースを要します。
そんな時に活躍したのが、2段式のカトラリーケース

 参考:山崎実業(Amazon)

これは、本当に買って良かったものです。
伸縮する上に、2段式なんです。
よく使う箸などのアイテムを上段に収納し、下部には散らかりがちなアイテムを見えないように収納できます。
同様のアイテムはニトリやIKEAなどにもあります。

また、お弁当のピックなんかは、セリアのキッチン整理XSが便利です。

 参考:Seria

無印にも同じような商品があるのですが、セリアのすごいところは安いだけではなく、大きなトレーの中に小さなトレーを入れて、仕切りを自在インカスタマイズできるんです。
100円なのに、凄すぎます!


■調味料の収納
料理がお好きな方は調味料の種類もたくさんあると思います。
我が家もたくさんあって、減らす訳にもいかなくって困っていました。
以前は、IKEAの蓋付きのKUGGISの中を細かく仕切ってをカウンターに置いていました。



だけど、料理中に汚れた手で蓋を開けるのが面倒で面倒で。。
とは言っても、見せる収納はパッケージが目につくのはスッキリしないし、容器を入れ替えるのも大変だし。。
と、検討した結果、シンク下の引き出し収納にニトリのワイヤーバスケットのSとLの組み合わせにしてみました。

 参考:ニトリ

ワイヤーバスケットLの上部にSをのせて使っています。
料理の時に、Sサイズごとキッチンに出してしまえば、調味料もすぐに使えて便利ですよ!


■ 隙間収納ラック
我が家の場合、冷蔵庫と壁の間に隙間があり、隙間収納ラックを使っています。
食材ストックの缶詰やお酒、案外たくさん収納できるものです。
100円ショップのカゴを使って使い勝手もアップしました。

     参考:楽天市場

いろんなタイプの隙間ラックがあります。
ペットボトルなどの収納場所、高さがある収納ラックには食材ストックの収納には最適です。
ササっとストックを一目で管理でき、無駄なお買い物をしなくなるメリットもあります。
ここに入る分だけ!と量を決めておくにはちょうど良いスペースなんです。


■ 棚付きダイニングテーブル
キッチンにもダイニングにも収納スペースは限られています。
ダイニングの大半のスペースはダイニングテーブルが占めています。
そのダイニングテーブルに収納できれば、スペースの有効活用できてしまいます。
ダイニングテーブルまわりをスッキリさせるためにも、棚つきのテーブルはかなり便利です。

リビングダイニングが広々使えるソファダイニング / 棚付きテーブル(W120)
¥36,300円

  

行方不明になりがちなリモコンもここが定位置です。ティッシュも棚に収ることでスッキリなのに、使いたい時にすぐに使えて一石二鳥です。
棚付きのダイニングテーブルは、いろんなテイストにあります。
今は、カトラリーなんかも収納できるダイニングテーブルもあります。

天然木タモ無垢材ダイニング / テーブル(W150cm)
?66,400



収納場所が、ありすぎると人はモノを溜め込んでしまうと言いますが、適量の収納が適切な場所にあるのは整理収納には一番です。

省スペース エクステンションダイニング(収納ラック付) テーブルW120~180
¥51,300



ダイニングテーブルの脚部が棚になっているタイプもあります。
今流行りのリビング学習にも最適で、ちょっとした文具なども収納可能です。
サッと取り出してすぐに宿題ができるのは確かに機能的です。


リビング・ダイニングの収納については、答えなんてない永遠のテーマです。
お子さんの成長に合わせて、少しづつ自分にあったキッチン・ダイニングスペースに楽しみながらバージョンアップしていければと思います。
これからも、収納についていろいろ考えていきたいと思います。




 

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ