場所別 生活のススメシリーズ
[LDK] ダイニングテーブル or ソファ
どちらを優先して置くべきなのか?


子育て世代のファミリーさんでよくあるご質問・お悩みで、

Q:『リビングダイニングがそんなに広くはないけど、
キッズスペースを広く設けたいのですが、ダイニングテーブルとソファのどちらを優先して置いたら良いでしょうか??』


今回はこの悩みについて考えてみようと思います。

各ファミリーさんによって、家族構成、お住いの間取り、生活スタイルは多種多様ですので、
これが正解!と言うのはありませんが、私はダイニングテーブルを優先することを提案いたします。
お引越しや模様替えなど、万が一悩んだ際に参考にしてみてください。
ポイントを以下3つにまとめてみました。


●ダイニングテーブルを優先する理由
1.お子さんにきちんと食事の習慣をつけることができる
2.大人の腰への負担を軽減
3.おかし作りなど、他の家事の作業台として便利


 

1.お子さんにきちんと食事の習慣をつけることができる

私の経験からもそうなんですが、ローチェアよりハイチェアで食事をした時の方が、
子供はウロウロすることはなく、落ち着いて食事ができると思います。
外食をしている時など、お座敷スペースなどに通されると、ウロウロしてしまいがちで。
レストランなどでキッズ用のハイチェアに座った時の方が、お利口に食事できることが多かったりします。
自分で降りることができる椅子より、降りることができないと
食事自体に集中してくれるので、早く食事も終わることができますし、習慣付けにも良いと考えます。
 

2.大人の腰への負担を軽減

ローテーブルで食事をするだけなら、床に座っていても問題ないですが、食事の準備や片付けをするママは、座ったり立ったりと腰への負担も多いです。
サッと手際よくこなすには、ダイニングテーブルが良いのではないかと思います。
また、おじいちゃんおばあちゃんがよく遊びに来るご家庭、来客が多いご家庭にもダイニングテーブルをおすすめします。
ローテーブルだと、椅子が不要な分人数制限はないのですが、床にずーっと座っているのは案外落ち着かないものです。
その場合、ソファなどがあればと思いますが。。
今回はダイニングテーブルとソファのどちらを優先するか?というテーマなので。。
 

3.おかし作りなど、他の家事の作業台として便利

おかし作りって、結構スペースが必要ですよね。
お子さんと一緒におかし作りをするとなれば、もっとスペースが必要になります。
もちろんローテーブルでも作ることはできますが、これまた立ったり座ったりと忙しいおかし作りになってしまい、疲れてしまいます。
以前も書いたのですが、私は『ダイニングテーブルってお家の中で一番活躍してコスパの高い家具』だと思うのです。
思い起こしてみれば、食事をするだけではなく、他の用途で案外使用しています。
パソコンしたり、物を書く作業、子どものお絵かき、お勉強、趣味、ちょっとしただんらん、来客時のおしゃべり、仕事、家事(縫い物やアイロンがけには以外と便利ですよ)、テレビ鑑賞などなど案外何にでも使っている万能家具なんです!
当たり前に置かれている家具だから、万能さに気がつかないほどに大活躍しています。
だからこそ、許される限りのスペースを使って、ダイニングテーブルは大きいサイズを置いてみると、最大限に大活躍してくれるはずです。

 過去記事 --- ダイニングテーブルは6人用など大きい方が良い理由

ダイニングテーブルとソファを比べてしまうのは、ちょっとナンセンスかもしれません。
しかし、リビング・ダイニング(LDK)という、メインの限られたスペースをより有効活用したいと思うのであれば、必要な決断だと思うのです。

我が家の場合、私は家事をしていてソファに座るヒマもない状況だったりするので、
ママ目線なのかもしれませんが、今は「ソファダイニング」という
『ダイニングセット』+『ソファ』なる家具もあります。
多様化のこの時代、絶対はないと思います。
ソファを置くのが当たり前ではないですし、ダイニングテーブルがなくても
住んでいる家族が心地よく暮らせるのが一番だと思います。
「あるのが当たり前」という概念を一度リセットして、本当に心地よい暮らしを考えてみてください。

お役立ちコンテンツ

       

お役立ちコンテンツ

上へ